透析百科 [保管庫]

2.3 ヘマトクリット値の上昇と透析効率

腎性貧血の患者への遺伝子組換えヒトエリスロポエチン製剤(rHuEPO)の投与によりヘマトクリット値が上昇すると、クレアチニン、リン、カリウムのダイアライザー・クリアランスがいくらか低下し、これらの物質の血漿濃度はいくらか上昇する。これは、ダイアライザーを流れる血流量が不変でも、血漿流量は低下するためである。ただし、尿素については、赤血球膜を自由に通過するため、クリアランスは血漿流量低下の影響を受けない。すなわち、Kt/Vはヘマトクリットの変化の影響を受けない[1]。

ヘマトクリット値と、諸物質のダイアライザー・クリアランス

 

 

 

文献

1. Buur T, et al: Secondary effects of erythropoietin treatment on metabolism and dialysis efficiency in stable hemodialysis patients. Clin Nephrol 34: 230, 1990.