透析百科 [保管庫]

14.1  静脈圧上昇の原因

1. 静脈圧上昇の原因のひとつに、静脈側クランプの解除忘れがある。特に複数のスタッフが透析開始操作に関わるときに生じやすい。

2. 不適切な穿刺針の位置や向きは、静脈圧上昇の原因となりうる。シャント血管が屈曲、蛇行、狭窄しているとき、穿刺位置が静脈弁のある部位だったとき、あるいは穿刺針を血管壁内に留置したときに静脈圧が上昇する(図1, 2)。

 

図1 静脈圧上昇の原因1

 

図2 静脈圧上昇の原因2

 

3. 穿刺針の先端に血栓や痂皮が入り込んだとき。

4. 静脈側(返血側)血液回路チャンバーの凝血。

5. ヘパリンの注入忘れ。

6. 血液ポンプが高速回転すると静脈圧は上昇する。意図的に血液ポンプを高速回転させたことによる場合よりも、血液流量の設定ミスによる場合の方が多い。

7.血流量に見合わない太さの穿刺針を静脈側に使用しているとき。静脈側穿刺針の太さと血流量により静脈圧は異なる(表、図3)。

8.AT IIIの欠乏、凝固能の亢進。

静脈圧が高いと、血液ポンプではローラーからローラーへ回路のしごき操作が受け渡される瞬間に血液の逆流が生じ(backlash)、そのため実際の血流量は減少する。

 

                      図3 穿刺針別の血流量と静脈圧の関係

 

表1 各種穿刺針の血流量と静脈圧の関係
V側穿刺針の種類 Qb (ml/min) 100 150 200 230 250
16G-Argyle

静脈圧(mmHg)

n

29.6

35

70.5

35

112.6

35

137.4

31

155.9

28

17G-DullNeedle

静脈圧(mmHg)

n

39.2

25

82.8

25

129.6

25

148.5

24

157.7

20

17G-AVF

静脈圧(mmHg)

n

55.2

5

97.6

5

140

5

168.2

5

192.4

5

17G-Argyle

静脈圧(mmHg)

n

59.9

7

120.3

7

188.3

6

212.5

4

238.8

4