透析百科 [保管庫]

9.13 透析低血圧を防ぐ薬剤

透析低血圧を防ぐためにしばしば投与される薬剤に、塩酸ミドドリン、メチル硫酸アメジニウム、ドロキシドパがある。それぞれの薬剤は、服用後、効果が現れるまでの時間、作用の持続時間がそれぞれ異なる。それぞれの薬剤は、これらの違いを考慮して使い分けるのが適当であると思われる。

1.塩酸ミドドリン

塩酸ミドドリンは、腸から速やかに吸収され、効果は2〜3時間持続する。したがって、塩酸ミドドリンは、透析開始30分〜1時間前に服用し、必要に応じて透析中に追加投与する。

 

 

2.メチル硫酸アメジニウム

メチル硫酸アメジニウムでは、最大の効果がでるのは服用2〜3時間後である。したがって、メチル硫酸アメジニウムは透析開始1時間前に服用させる。これにより、透析中、昇圧効果が持続する。

 

 

3.ドロキシドパ

ドロキシドパは、腸からの吸収が遅く、最大の効果がでるのには服用からおおよそ6時間が必要である。ドロキシドパの効果の持続は長く、服用してから24時間後であっても、まだ昇圧効果が認められる。そこで、ドロキシドパは、とくに非透析にも血圧が低い患者に適している。ドロキシドパは、透析を開始する2〜3時間前に服用させる。

なお、透析中に血圧が著しく低下する場合には、昇圧剤を投与する前に、ドライウエイトは適切か、あるいは前夜に効果の持続が長い降圧剤を服用していないかなど、透析低血圧の原因を調べることが必要である。

 

塩酸ミドドリン
 
 メトリジン錠2mg
    (大正製薬)
         
 アバルナート錠2mg
    (東和薬品)

 メトドリン錠2mg
    (メディサ新薬)

  ナチルジン錠2mg
    (大洋薬品)

 

メチル硫酸アメジニウム

 リズミック錠10mg
     (大日本製薬)

 ダイアリード錠10mg
     (扶桑薬品)

 オフビット錠10mg
     (大正製薬)
 
 メトロック錠10
     (東和)

 アコミック錠10
     (大洋)

 アメジニン錠10mg
     (日医工)
 

ドロキシドパ
      
    ドプス Dops
    カプセル:100・200mg
    細粒:20%
     (大日本住友)

  ドロキシドパ「マイラン」
    カプセル:100・200mg
    細粒20%
     (マイラン)

  ドロキシドパ「アメル」
    カプセル:100・200mg
     (共和)

  ドロキシドパ「日医工」
    カプセル:100・200mg
     (日医工)