透析百科 [保管庫]

11.3  心不全の予防

わが国の透析患者の死亡原因の第一位は心不全である。透析患者の心不全の原因となり得るのは、(1) 長期にわたる高度の高血圧、(2) 著しい溢水状態の持続、(3) 高度の貧血の持続、(4) シャント流量の多いブラッドアクセスの存在、(5) 虚血性心疾患の存在、(6) 心筋の石灰化などである。これらの因子を除外することが心不全の予防となる。

 

透析患者における心不全の原因
1.  長期にわたる高度の高血圧
2.  溢水状態の持続
3.  高度の貧血の持続
4.  シャント流量の多いブラッドアクセスの存在
5.  虚血性心疾患の存在
6.  心筋の石灰化