透析百科 [保管庫]

8.7   第2世代セフェム系抗生物質(経口薬)

セフロキシムアキセチル(薬)は、βラクタマーゼ産生のインフルエンザ菌、モラクセラ菌、グラム陽性球菌に有効である。適応症としては中耳炎、尿路感染症、軟部組織感染症、呼吸器感染症があげられる。投与量あるいは投与間隔の調整が必要である。

 



投与量
薬剤名 透析患者投与量 健常人投与量
セフロキシムアキセチル 透析後に250〜500mg 250〜500mgを12hr毎