透析百科 [保管庫]

8.15   リンコマイシン系抗生物質

塩酸クリンダマイシン(薬)は、エリスロマイシンと同様にグラム陽性菌に対する抗菌作用を示し、バクテロイド菌を含む嫌気性菌にも有効である。クリンダマイシンは経口吸収が優れている。もっともよくみられる副作用は、発疹と下痢である。偽膜性腸炎がかなりの患者で認められる。投与量あるいは投与間隔の調整が必要である。

 


 
投与量
薬剤名 透析患者投与量 健常人投与量
塩酸クリンダマイシン(CLDM)  600〜1200mg/day 600〜1200mg/day