透析百科 [保管庫]

7.10  麦粒腫

眼瞼皮膚または結膜の圧痛をともなう急性の発赤、腫脹、膿点の形成とその自壊を特徴とする。

起炎菌の同定のため、分泌物を培養検査に提出するのが好ましい。ニューキノロン系点眼薬や眼軟膏の局所投与、および第1世代セフェム系抗生物質ニューキノロンあるいはミノサイクリンの経口投与をおこなう。また膿点が形成されている場合には、注射針で膿点を穿刺し、圧迫排膿をおこなう。