透析百科 [保管庫]

21.5  トランスアミナーゼ(GOT、GPT)

肝疾患の一般的な指標である。透析患者では、GOT、GPTが低値を示す傾向がある。また、B型肝炎C型肝炎でも健常人と同程度に血清GOT、GPT値が上昇することは少ない。したがって透析患者では、血清GOT、GPT値が正常上限値を僅かでも超えたり、あるいは正常範囲内にあっても以前より上昇しているようであれば、肝疾患への罹患を疑う。このような場合には、肝炎ウイルス、とくにHCV抗体の測定が必要である。さらに、腹部エコーや腹部CT検査を施行し肝腫瘍の有無を検索する。